カテゴリ
以前の記事
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月


レス

今週は地獄じゃ。
1日4件のオペと術後管理…。
積みあがる病歴要約…。

さて、

>nobu
2内のいいところだよね。
臓器ではなく全身を診るという姿勢と、
教育的であるという姿勢。

教授の厳しさはひょっとすると演技だったりするかもね。
患者さんの前で上級医が下級医を叱る。
目の前で叱られた方は、ひょっとすると信頼されなくなるかもしれない。
でも、普段しっかり訪床して、コミュニケーションをとっていれば、
そう簡単に信頼関係っていうのは崩れないもんだ。
それを試してるだけなのかもよー。



>Hei先生
面倒見がいいなんて、そんな照れるな~(^^;
実際、ちょっかい出したくなるだけっす。
学生のうちは、指導医に向かって、
「なんで全然教えてくれないんだ!」
って自分もよく怒ってましたけど、
臨床医ってほんと時間無いですよね。ほんと(切実)。
学生さんには、出来るだけこちらから話しかけるようにはしています。

さて、話は変わりますが、
この前の外科夜間救急当直で、
母斑症の2歳児(皮膚科follow中)を診察しました。
皮膚のただれは極軽度だったので、
軟膏塗って、翌日皮膚科受診を指示しようと思ったのですが、
母親のプレッシャーって凄いですね。

「本当に大丈夫ですか?」
「昨日とは全然違うんです。」

正当直の先生もたじたじでした。
うちの病院の2年間のローテでは小児科が薄くなってしまうだけに、
いつかは、小児も見る研修を受けたいものです。
実際、このままでは小児は全く診れない医者になりそうで恐いです。
そのうち、色々とご指導下さいm(_ _)m
[PR]
by satatsu_genuine | 2006-02-22 23:29
<< おもいっきり遊びました。 学生さんいらっしゃい~ >>