カテゴリ
以前の記事
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月


<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

総括

今週末で「麻酔・救急」終了です。

ということで、総括。


まずは麻酔から。

振り返ってみると、
挿管70例(ラリマ含む)、脊椎麻酔5例、硬膜外麻酔7例。

暇だの何だのいろいろ思ったけど、
それなりに手技は経験させてもらえたし、
挿管はよほどの難例(acromegaly等)を除けば一発で入るようになったし、 
色んな科のOpeに入れて、色んなOpeを見学できて楽しかったし、
そして何より、整形、脳外、耳鼻科、眼科、泌尿器科、皮膚・形成科といった
初期研修ではローテートしない、がしかしcommonな疾患について
術中管理を通して勉強できたというのは大きな収穫。

実はとても充実した研修だったのかもしれないと思う。

麻酔は全身管理とはよく言うけど、
呼吸・循環・体温・尿・意識といったまさに「Vital Sign」を管理することが、
麻酔科に求められる管理ということなんだなぁと、
改めて麻酔科研修の重要さに気づきました。

なぜ当院の麻酔科研修が暇と感じたかというと、
1)夜間の緊急Opeに呼ばれない
 …夜間の緊急Opeは麻酔科当直の先生が麻酔をかけるので

2)難しいOpeは担当しない
 …循環動態が激変する心臓外科や、片肺換気の呼吸器外科は経験できず

3)ICUは担当外科医が診る
 …当麻酔科はICUにはノータッチ

4)麻酔科スタッフと違って、研修医には外来(ペインクリニック)が無い

以上4点からかなぁ。

でも、自分の時間が沢山あった分、
同じクールで回った同期と沢山遊べたのでとても満足です。

あと、身をもってわかったことが、
「時間の余裕のあるときに勉強しよう!」
は、自分には無理でした。
時間に余裕があるときほど、だらけます。
実際、麻酔科ローテ中読んだ参考書のページは消化器ローテ中の半分くらいか…。

あと、幸いなことに、
歯損傷や後遺症等の事故もなかったのはよかった!(まだ4日あるけど…)

まあ、そんな感じでした。



次に救急。

前にも書いたけど、当院には「救急治療部」が無いので、

救急の研修 = 救急外来の当直が多めに組み込まれる

ということで、救急の研修となっているわけです。

色々な症例を診させてもらって、
初期にすべきこと、オーダーすべき検査、上級医にコンサルトすべき情報、
がなんとなく身についてきて、
外来もなんとかこなせる(つもり?)ようになりました。
もちろん、専門外来じゃないので、
結局は入院していただくか、帰宅するにしても、
「症状が改善しないようなら、平日に○○科を受診して下さい」
という形で締めくくるしかないのですが…。

一例だけ。

70代 女性 間質性肺炎で当院follow中の患者さん。
これまでに呼吸困難にて何度も入退院を繰り返していた。
ある日の夜、自宅にて突然呼吸困難出現し家族が119番通報。
救急隊到着時SpO2が60%であった。
救急車にて他院の救急センターへ搬送。
SaO2が30torrで挿管されるも、
当院follow中の患者さんということで当院搬送。
到着時 血圧100/60 脈拍120 JCS200(挿管時セデーションあり)
心電図「モニター」装着するも異常なし。
バイタル安定を確認してXpを撮るも、
肺野は前回退院時のときと比べて著変無し。
呼吸不全の原因としては合わないと考えつつも、
採血、血ガスと呼吸不全に対する初期治療
(サーボ設定、ステロイド、抗生剤、輸液)を開始。
しばらくすると血圧が60台に低下したため、ドパミン持続点滴開始。
状態安定した段階で翌日朝になっていたので次の当直へ引継ぎ。

次の日、あの人どうなったかなーとその当直の同期に尋ねると、

心電図12誘導でSTchangeあり CKも高値→ AMI! 循環器へ

とのことでした。

その方、現在は抜管されて元気でおられます。

呼吸不全で入退院を繰り返しているからといって、
呼吸不全の原因が必ずしもいつも同じとは限らない。
また、
ECGモニターだけではAMIは否定できない。
ということを学びました。




10月からは神経内科です。
1)最もcommonな脳梗塞の初期対応を習得すること。
2)神経学的所見を取れるようになること。
以上を目標に頑張ります。

なんか今日の日記はごちゃごちゃ書きすぎたか…。




最後まで読んでくれた方、お疲れ様でしたm(_ _)m
[PR]
by satatsu_genuine | 2005-09-27 00:25

3年目

同期と話しました。


「3年目どうする?」


今月末に、うちの病院では3年目の後期研修医の選抜試験があるのです。
だから、レジデント同士ではこのテの話題でもちきり。

3年目なんて随分先のことのよう思っていたけど、
実際、今度の10月でもう医者になって半年がたつわけだし、
あっという間に決断の日が迫るんだろうな。

少し前までは、無条件で北海道に帰る気満々だったけど、
ここへきて少し迷いが出てきてしまった…。
もちろん、まだ先のことだし、
志望科も全て回っていない状態では判断できかねるけど。


俺は優柔不断、欲張りだから、あれこれ考えてしまう。

「北海道が好きだ」

「将来北海道で医者やるなら大学に帰らないとやっていけないんじゃないか」

「でも自分のやりたいことは本当は何なのか」

「人生、何を大事にしていきたいのか」


結局、マッチングのときのように悩みに悩むことになるんだろうな。


しかし、今は与えられた場所で、やるべきことをやるのみ。
日々の臨床から少しでも多くのことを学ぼうという姿勢で、
明日からも研修を頑張ろうと思います。

今日はそんな感じで、もやもやしたまま日記終了。



すっきり眠れないぜよ(ToT)
[PR]
by satatsu_genuine | 2005-09-21 00:44

25歳

本日をもって25歳です。
四捨五入したらもう30か…。

人生あっというまじゃのう。


さて、今日は仕事もはやく終わったので同期と寿司食いに行ってくるのだ。
東京の寿司はいかに!
…ってやっぱりナマモノは北海道だよなぁ。

それにしても、

麻酔科。

暇だなぁ…。(しみじみ)
[PR]
by satatsu_genuine | 2005-09-13 18:43

ボケボケ

今週は休み明けということで、ボケボケでした。
仕事もダメダメでした。

月曜日とか、

麻酔科なのに、

筋肉痛…( ̄□ ̄;) 何故?


というわけで、北海道では思う存分豪遊してきたわけです。
都合が合わなくて、会いたい方みんなに会えたわけではなかったけど、
ひさしぶりの地元を満喫できました。
平日にもかかわらず、遊んでくれた同期に感謝!!

そして少しずつ、またこちらのペースに慣らしていきたいと思います。
[PR]
by satatsu_genuine | 2005-09-04 02:47